ホワイトニング 歯磨き粉 ランキング

MENU

ホワイトニングに効果のある歯磨き粉ランキング

白い歯の笑顔

このページでは、歯の「ホワイトニングに」効果のある歯磨き粉について詳しく紹介しています。

 

ランキング形式でホワイトニング効果、コスパ共に高いおすすめの歯磨き粉を厳選して紹介していますので、手軽に自宅で歯のホワイトニングをしたい人、ホワイトニングに効果の高い歯磨き粉を探している人は是非参考にしてくださいね!

 

 

ホワイトニングにはどんな歯磨き粉を選んだらいいの?

歯科医

最近、歯のホワイトニングに関心のある人が日本でも増えてきています。

 

アメリカ、ヨーロッパなど海外先進国では、以前から歯並びや歯の白さなど「歯の健康」に関する意識は非常に高く、「歯がきれいかどうか」は採用や昇格の基準になるほど重要です。

 

そんな欧米の「白い歯」に関する常識が日本でも最近普及し始めて、ホワイトニングを始める人も若い人を中心に増えてきています。

 

「ホワイトニング」と言えば、歯医者に通って施術・治療してもらうというのが一般的だと思いますが、「料金が高い!」、「通うのが大変、面倒!」、「沁みたりして痛い!」など気軽の歯医者でホワイトニングしてもらうのは難しいのが現実です。

 

歯磨き粉

そこで最近人気なのが、ホワイトニング専用歯磨き粉(剤)を使ってホワイトニングする方法です。

 

歯科医でやるホワイトニングは、過酸化水素や過酸化尿素と言った薬剤を使って、本来の歯の白さよりも白くする「ホワイトニング」で、歯磨き粉による「ホワイトニング」は歯の付着している汚れを落として、歯本来の白さを取り戻すものです。

 

ですので、歯医者でやるホワイトニングと同じ白さを期待することはできませんが、普通の歯磨き粉では落とせない汚れをきれいに落とすことで、より自然な歯本来の白さと輝きを取り戻すことができます。 (よく芸能人で本当にまっ白な歯の人を見ますが、私は個人的には自然な白い歯の方が好きですね!)

 

ただ歯磨き粉と言っても、薬局を初めたくさんの商品が販売されていて、どの歯磨き粉がホワイトニングに効果があるのか、なかなか分かりませんよね。

 

粗悪なものを使ってしまうと逆に大切な歯を傷めてしまうこともありますし、口の中に入れるものですから、安全性の高いものを選びたいものです。

 

また、白さを維持するためにメンテナンスとして基本的には毎日継続して使用していくものですので、できるだけコスパの高いものを使いたいですよね。

 

ホワイトニング歯磨き粉でまず注意したいこととは?

その前に先ず歯磨き粉として注意したいのは、「研磨剤」の入っているものですね。

 

研磨剤

「研磨剤」というのは、歯の表面を磨いて歯の汚れを落とすものですが、これが汚れだけならいいのですが歯の表面のエナメル質まで削ってしまう事があります。

 

これが知覚過敏の原因になったり、酷いと内側の象牙質が露出してしまうことになります。

 

また研磨剤で傷ついた歯の表面に汚れが入り込んで、ホワイトニングどころか歯の黄ばみや汚れの原因にもなります。

 

ドラッグストアで売られている歯磨き粉はどちらかというと安さ優先で、ほとんどの製品にこの「研磨剤」が含まれていますので、避けた方が安全です。

 

ただタバコのヤニやステインなどの汚れは普通の歯磨き粉ではなかなか落ちないので、「研磨剤」に代わって汚れを落とすどんな成分が配合されているかが重要です。

 

次では、そんな効果、安全性、コスパなどの観点から、通販でしか手に入らないおすすめの「こだわり歯磨き粉」を選んでみましたので、参考にしてくださいね。

 

ホワイトニング歯磨き粉の評価ポイント

ここでは、歯磨き粉を次のポイントで評価してみました。

 

@経済性:価格、コスパ、
価格は、初回は商品を試しやすくするために特別価格で安く、2回目以降は高くなるものが多いです。
また多くの会社が3回以上購入を条件にした定期コースを採用しているため、定期コース期間中の1か月の平均価格で比較しました。

 

A有効性:効果・効能、
どんな効果があるのか、何に有効なのかを明記しているかを評価

 

B継続性:使い易さ
ホワイトニングはある程度の期間、継続して効果が分かるもの。
使い方が簡単で継続できるかどうかで評価。

 

C安全性:研磨剤、成分は安全か
磨き過ぎで歯の表面を削ってしまわないように、毛研磨剤が入っていないか。
直接口に入れるものなので、発泡剤や漂白剤など有害な成分が入っていないか。

 

D信頼性:医薬部外品、製薬会社、歯科医監修、
国(厚生労働省)が認可している医薬部外品かどうか、製薬会社など信頼できる会社が開発、製造しているか、
歯科医、歯科衛生士などホワイトニングの専門家が推奨など関係しているか。

 

E安心感:返金保証、中途解約
効果がないなど気に入らなかった場合に返金できるか、また中途解約ができるかどうか。

 

では、次におすすめのホワイトニング歯磨き粉のランキングの発表です!

おすすめホワイトニング歯磨き粉厳選ランキング!

薬用オーラパール

 

オーラパール

@経済性:5

初回1,944円(10%オフ)2本定期コース1,836円(15%オフ) 3か月間の1か月平均コスト 1,872円(税込)
オーラパールイオンケア歯ブラシプレゼント

 

A有効性:5
・日本初!美白成分(薬用ハイドロキシアパタイト)と歯周病予防成分を同時配合。
・9つの有効成分を惜しみなく配合。
・黄ばみ、口臭、虫歯予防、歯石除去、歯茎の引き締めに効果。
・毎朝お口が爽快でスッキリ!

 

B継続性:5
・いつもの歯磨き粉をオーラパールに変えるだけで磨き直しが不要なので、面倒臭くない。
・1回の歯磨きで、ホワイトニングと同時に他のお口のケアもできる!

 

C安全性:5
・研磨剤の一種である無水ケイ酸が使用されていますが、研磨剤としてではなく「基剤」として少量使われているだけなので、
歯の表面を傷つけることはありません。

 

D信頼性:5
・国に効果が確認され認可された「医薬部外品」。
・歯肉炎対策などの薬用歯磨き粉を開発した医薬品会社、「全薬工業」8年の長い年月をかけて開発した製品。

 

E安心感:3
・返金保証はないが、定期購入の縛りがないためいつでも解約でき、ペナルティーもなく安心。

 

【総評】
創業1950年の歴史ある医薬品メーカーである「全薬工業」が8年の年月をかけて開発した、美白成分と歯周病予防成分を同時配合した日本で初めてのトータルオーラルケア歯磨き粉がオーラパール。

 

最近のホワイトニングブームに乗って発売されている商品とは信頼性が違いますね。

 

市販の歯磨き粉と比べれば値段は高いですが、それでもホワイトニング専門歯磨き粉として通販で販売されている商品の中では最安値で、コストパフォーマンスも非常に高いです。

 

ホワイトニングは、口内をいつも清潔に保っていることがいつまでも白い歯でいるために重要ですが、オーラパールはいつもの歯磨き粉を変えるだけで別途にブラッシングしたりする必要はありません。

 

できるだけ費用をかけないで、効率的にホワイトニングとメンテナンスをしたい人にお勧めです。

 

【口コミ・レビュー】

私は歯列矯正をしていて、歯磨き粉にはとてもこだわりがあり、歯磨き粉の配合成分にはうるさい方です。
そんな私がオーラパールの成分表示を見て驚きました。
成分表示欄には法律で成分量の多い順に表示するように定められているのですが、オーラパールは水の次に「有効成分」が書かれていました。
中身で勝負をしている良い歯磨きだと思います。
有効成分が充実しており、発泡剤も控えめでお気に入りです。

歯茎の腫れが治まり、朝寝起きの口の粘着きもなくなって、毎朝爽快な気分です。
歯も白くなって、磨いた後のさっぱり感が病みつきになりました。
もう他の歯磨きは使えなくなりました。

 

公式ページはコチラ

 

はははのは

 

はははのは

@経済性:4

定価3,500円、初回1,980円、定期コース2回目以降2,980円、3か月間の1か月平均コスト2,646円

 

A有効性:4
・効果として明示されているのは、ホワイトニングと口臭予防。医薬部外品としての有効成分を使用していないため、歯周病等への効果は謳えない。

 

・美容歯科のホワイトニング施術を研究し、ホワイトニングに効果的な3つの酸-メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DL-リンゴ酸、歯周病菌に浸透殺菌するIPMP、メラニン抑制・美白・収れんに効果的な天然由来エキスの配合に成功

 

B継続性:5
・いつもの歯磨き粉を変えるだけでOK。磨き直し等は不要のため面倒がなく、継続しやすい。

 

C安全性:5
研磨剤、発泡剤、漂白剤、着色料、合成界面活性剤、バラベン不使用のジェル状無添加歯磨き。

 

・天然の界面活性剤、ソープナッツや歯の表面のタンパク質汚れを分解するパパイン。完全無農薬、10種類のオーガニック成分、体に優しい植物由来成分のみを使用

 

D信頼性:4
製薬会社、「株式会社メディカルドーズ」との共同開発
・医薬部外品ではなく化粧品に分類されるが、信頼性は高い。

 

E安心感:5
10日間の返金保証が付いており、定期コースでもいつでも解約停止ができるなど、初めての注文で不安な人でも安心して試すことができます。

 

【総評】
製薬会社株式会社メディカルドーズとの共同開発で、天然の有効成分にこだわって開発されたホワイトニング歯磨き粉、「はははのは」。
低刺激で子供でも使えるくらい、安全性には気を使っています。
市販品では、こうしたコンセプトの天然歯磨き粉はありません。

 

品質には自信があるため、「返金保証」、「定期コースでも1回目からキャンセル可能」と回数の縛りがないなど、初めての人でも安心して試すことができて良心的です。

 

【口コミ】

多くの人に会う仕事柄、自分の歯の黄ばみが気になっていました。
ただ歯医者さんのホワイトニングは費用が高いし、なかなか手が出せませんでした。
友達に「はははのは」を進められ、半信半疑だったのですがとりあえず試してみることに。
結果は1週間ほど使ってみてびっくり! 以前より歯の汚れが落ちて白くなっていました。
これからも使い続けていきたいと思います。

コーヒー・ワインが大好きで、歯の黄ばみが気になっていました。
友達との会話で、「歯が黄色い・・・」なんて思われないかと心配になって、「はははのは」を使い始めました。
磨いた後は歯がツルツルでツヤが出て、本当に気持ちがいいんです!
友達にも「歯がきれいね!」って褒められてしまいました。

 

公式ページはコチラ

 

 

ディノベート デンタルホワイトプロ

 

ディノベート

@経済性:3

・定価6,048円、初回1,771円、定期コース2回目以降4,298円、3か月間の1か月平均コスト3,666円
・5回目発送毎にディノベートデンタルペリオケア、厳選デンタル商品プレゼント
・5回ごとに割引率アップ 3%⇒5%

 

A有効性:5
・医薬部外品
ホワイトニング、歯周病予防、口臭予防、むし歯予防
・@トリプルホワイトニング&白さをキープ、A口臭・歯周病を予防、B虫歯の原因GTFをシャットアウト

 

B継続性:3
・今までの歯磨きの後に、ディノベートを付けてブラッシング。
・2度手間になるので、面倒。

 

C安全性:4
・研磨剤不使用

 

D信頼性:5
歯科医師監修
医科歯科連携診療普及協会推薦

 

E安心感:3
・返金保証なし、定期コースの回数縛り有り(最低4回)
・歯科医師監修で、医科歯科連携診療普及協会推薦というのは安心材料。

 

【総評】
・効果・効能、成分等については、他の医薬部外品歯磨き粉と大きな違いはない。
・実名で歯科医師(小野澤彰)監修と写真も掲載し、「歯科医院でしかできない本格ホワイトニング」と、効果には自信があると思われる。
・医科歯科連携診療普及協会の推薦があるのは信頼度として大きい。

 

【クチコミ】

コーヒーやお茶、ワインが好きで、以前から歯の黄ばみが気になって、人前で思い切り笑うことができませんでした。
歯医者に相談に行ったこともありますが、費用が高すぎて通えず、市販の歯磨き粉もいろいろ試してみましたが、効果を感じることはできませんでした。
そんな時に「ディノベートデンタルホワイトプロ」に出会って試してみることに。
しばらく続けていると、ある日自分の歯を鏡で見て、「あれ?!」と驚きました。
あの黄ばんでいた歯が、白くなっていたんです。
使い心地も爽やかで、口臭に気にならなくなり、笑顔に自信が持てるようになりました!

 

公式ページはコチラ

 

ビースマイル

 

besmile@経済性:3

定価5,184円、初回2,592円、定期コース2回目以降4,147円、3か月間の1か月平均コスト3,628円

 

A有効性:5
・医薬部外品
・ポリアスパラギン酸(タンパク質と反応して凝固する作用)
・新成分GTOが口内リスクを予防
・アラントイン(歯周病予防)、シメン5オール(口臭予防)
・ホワイトニング、虫歯予防、歯周炎・歯周病予防、口臭防止

 

B継続性:5
・いつもの歯磨き粉を変えるだけでOK。磨き直し等は不要のため面倒がなく、継続しやすい。

 

C安全性:5
・漂白剤、研磨剤、発泡剤、鉱物油、石油系界面活性剤、バラベン、オイル不使用。
・GMP基準認定工場での品質管理

 

D信頼性:4
・モンドセレクション2017で銀賞受賞。ASIA GOLDEN STAR AWARD 2017受賞

 

E安心感:3
・返金保証なし、定期縛りありで、初めての人が試すにはハードルが少々高い。

 

【総評】

 

オーラパールと同様に、ホワイトニングから虫歯予防、歯周炎・歯周病予防、口臭予防と口内トラブルをトータルにケアできる歯磨き粉です。
また合成成分を使わず、植物エキスを多数使用するなど、内容成分にもこだわっています。

 

あの有名なモンドセレクション2017でも銀賞を受賞するなど、製品への信頼性も高いと思われます。

※モンドセレクションとは?

毎年 70名の専門家たちが 世界各地から寄せられた製品に対し、他からの干渉を受けることのない完全に独立した形で試験やテイスティングを行います。
化粧品 &トイレタリー製品の試験にあたっては、科学者ならびに化学者、大学教授などの専門家の助力を得ています。最終的にこれらの専門家たちにより、優秀品質銅賞、銀賞、金賞および最高金賞が授与されます。


【口コミ】

コーヒー、紅茶が大好きで、着色汚れが気になっていました。
使う前は、天由由来の成分で「あまり汚れは落ちないかも・・・」と思っていたのですが、しっかりきれいになります。
歯は顔の印象を左右するので、いつも白い歯をキープできるのが理想です。
いつもニコニコしていたいですね!

私が最近使っている「ビースマイル」は、歯を白くする以外にも虫歯、口臭の予防もしてくれます。
薬用だから信頼できるし、忙しいので、自宅で簡単にホワイトニングができるのがベストです!
歯医者だと予約して行かないといけないので、なかなか継続できません。
それに費用も高いし、そんな私にはとてもありがたい商品です。

 

公式ページはコチラ

 

番外:パールホワイトPROEX プラス

 

パールホワイトプロEX

@経済性:2

・定価8,400円、初回3,208円、定期コース2回目以降6,480円、3か月間の1か月平均コスト5,400円

 

A有効性:5
・医薬部外品
・ホワイトニング、歯周病予防、口臭予防、虫歯予防
・美容歯科のホワイトニング施術を研究:ホワイトニングに効果的な3つの酸-メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DL-リンゴ酸、歯周病菌に浸透殺菌するIPMP、メラニン抑制・美白・収れんに効果的な天然由来エキスの配合に成功
・たった数日間の使用で美容歯科のホワイトニングと同等の効果がある。即効性が期待できる。

 

B継続性:3
・今までの歯磨きの後に、ブラッシング。
・2度手間になるので、面倒。

 

C安全性:4
・研磨剤、発泡剤不使用

 

D信頼性:5
・1932年創業の製薬会社「株式会社三宝製薬」との共同開発。(医薬品、医薬部外品、歯科医向け歯磨き製品の製造販売)
・医薬部外品で効果については国の認可を取っている。

 

E安心感:3
・都度購入で返金保証有。

 

【総評】
美容歯科のホワイトニングを研究し、メタリン酸、ポリリン酸、DL-リンゴ酸のホワイトニングに効果のある3つの酸を使い、歯周病に有効な成分や天然由来エキスを配合し、トータルに口内の健康にも配慮している。
歯科向けの製品に実績のある三宝製薬との共同開発も信頼性が高い。
一番の特徴は、たった数日間で美容歯科と同等のホワイトニング効果があるところ。
価格は比較的高めですが、数日間で美容歯科と同等の効果がある事を考えると、逆に激安ですね!

 

【口コミ】

歯磨き粉と考えると高いけど、自宅で短時間でホワイトニングができるので逆に安い!
タバコがやめられないので、歯のメンテナンスは欠かせません。
パールホワイトを使っていると、歯を見せて笑うのも抵抗がなくなります。

人前で話すときにはどうしても歯の黄ばみが気になって、つい手を口に・・・。
パールホワイトは朝晩の普通の歯磨きの後にブラッシングをするだけで白くなって、今ではそんな悩みもなくなりました!

 

公式ページはコチラ

ホワイトニング歯磨き粉の選び方のポイント

ここでは、良いホワイトニング歯磨き粉を選ぶ時に、チェックすべきポイントについてご紹介します。

 

1.研磨剤(清掃剤)が含まれていない

 

まず最初にチェックすべきは、「研磨剤」が含まれていないかどうかです。

 

「研磨剤」とは、歯磨きの時に舌で感じるザラザラした粒のことですが、歯の表面を磨いて汚れを落とすための成分です。ただ、これが汚れを落とすだけなら良いのですが、歯の表面のエナメル質まで削り取ってしまうんです。
また削ると同時に歯の表面に傷をつけてしまい、そこにまた汚れが付着して黄ばみやくすみの原因にもなるという悪循環を引き起こします。また歯茎にもダメージを与え、知覚過敏の原因にもなったりします。

 

研磨剤として使用されるのは下記の成分が多いので、この成分が入っている歯磨き粉は避けることをお勧めします。

 

・リン酸水素カルシウム
・リン酸水素ナトリウム
・炭酸カルシウム
・水酸化アルミニウム
・無水ケイ酸(シリカ)

 

商品の裏側に成分表示がありますが、そこに「研磨剤」として上記の成分のいずれかが記載されているものは避けた方が良いですね。

 

また最近では研磨剤という言葉のイメージが良くないからか、「清掃剤」という表示になっている場合も多いので、注意してみてください。

 

ただ、医薬部外品で剤型が「練」(ペースト形状)のものは法律で研磨剤を配合しないといけないため、清掃剤(研磨剤)の欄に研磨成分が書いていなければ、その歯磨き粉は研磨力はないもしくは低いと考えても大丈夫です。

 

 

2.ホワイトニングに有効な成分が入っている

 

歯磨き粉によるホワイトニングは歯の汚れを落として、できるだけ歯本来の綺麗な色の白さを取り戻すことを目的にしているわけですが、そのための有効な汚れ落としの成分が製品にしっかり配合されているかをチェックしてください。

 

代表的なホワイトニングに有効な成分を下記の通りまとめてみました。

 

【ポリリン酸ナトリウム】
ポリリン酸の一種。食品にも含まれる安全性の高い成分。歯石予防の薬用歯磨きの原料。ステインの除去、沈着防止効果。歯周病菌、虫歯菌に対する抗菌剤の作用を増強→口内環境を整える物質。歯の表面をコーティング、ステインの再付着を防止。

 

【分割ポリリン酸】
一定の長さを持つ分割ポリリン酸のみがステイン除去に効果がある、歯周病予防にも効果、歯周病で破壊された組織修復にも効果。歯を白くするだけでなく、口腔内の健康を考えて開発。

 

【イソプロピルメチルフェノール】
クリーニング−歯周病菌のストップ、歯垢(プラーク)の抑制→虫歯・歯肉炎を予防、口臭に効果的

 

【ハイドロキシアパタイト】
歯のエナメル質の97%はハイドロキシアパタイトという成分で構成されており、このハイドロキシアパタイトを汚れや着色成分を除去した歯に与えることでミクロサイズの傷を修復して滑らかにし、白く輝かせることができます。粒子が細かく研磨剤としての役割もあり、歯垢や着色汚れを吸着し取り除いてくれます。また、歯の再石灰化も助けます。

 

【PAA(ポリアスパラギン酸)】
黄ばみの原因=タンパク汚れに反応。黄ばみの原因に働きかけ、除去・再付着を防ぐ「ホワイトニング効果」が国の基準を満たしており、医薬部外品に認定。

 

上記以外にも汚れを落とすための独自成分が入った製品がありますので、しっかりとチェックしてみてください。

 

【ピロリン酸ナトリウム】
歯石の沈着を防ぎ、黄ばみを防止する働きがあります。

 

【マクロゴール400】
タバコのヤニなど黄ばみを除去します。

 

泡立ちを良くする「発泡剤」はホワイトニングとは関係ありませんので、できるだけ少ない方がいいですね。
発泡剤とミントなどのフレーバーで磨いた気分になりますが、磨いた気分になって磨き残しが出たりなんていうことが多いようです。

 

 

3.口内環境を整える有効成分が入っている

 

歯を白く美しくするためには、ただ単に歯を白くするだけでなく、虫歯や歯周病、口臭の予防など口内環境を整えるのに有効な成分が入っていることも重要です。

 

口内環境を整えないと、せっかく白くなった歯もまたすぐに黄ばんでしまうことになります。

 

オーラルケア、口内環境を整えるのに有効な成分・薬効成分を次に紹介します。

 

【フッ素】
虫歯になりにくい歯にするには、「フッ素」が有効です。
歯の脱灰を防いで再石灰化を促進・強化し、歯の密度を高めて、虫歯になりにくい色素による着色汚れが付着しにくい歯にしてくれる。

 

ちなみに「脱灰」とは、食事をすると口の中が酸性に傾き、歯のミネラル分が溶け出す事。ただ通常は酸性に傾いても20分ぐらいでアルカリ性に戻り、再石灰化します。

 

【ビタミンE酢酸エタノール(酢酸SL-αトコフェノール)】
血流−歯茎の血流を促進

 

【グリチルリチン酸ジカリウム】
炎症−歯、歯茎の炎症を抑える

 

【ウーロン茶エキス】 虫歯の原因・酵素を強力に阻害。

 

【アラントイン】 口のトラブルリスクをダウン、

 

【イソプロピルメチルフェノール】 においの原因をブロック

 

【塩化分リゾチーム】 歯ぐきの腫れ、赤みを抑える。

 

【ハイドロキシアパタイト】 歯を白く 虫歯を予防。歯の傷を補修し白く輝かせる。

 

【塩化ナトリウム】 歯茎を引き締める。

 

【マクロゴール400】 タバコのヤニなど黄ばみを除去。

 

【グルチルリチン酸】 歯肉炎を予防。

 

【ゼオライト】 歯石予防、虫歯予防。

 

【キシリトール】 ガムやタブレットなどに多く配合されていますが、歯垢(プラーク)の中のミュータンス菌を減少させ、虫歯の原因となる酸を作らせない働きがあります。

一番お勧めなホワイトニングに効果のある歯磨き粉はどれ?

ここまで5つのホワイトニング歯磨き粉と、その選ぶときのチェックポイントについてご紹介してきましたが、あなたはどの歯磨き粉が自分に合ってると思いましたか。

 

オーラパール

私が一番お勧めなのは、やっぱり1位の「オーラパール」です。

 

他のホワイトニング歯磨き粉よりも安価でかつ定期の縛りもなく、送料無料と初めての人でも気軽にホワイトニングが始められます。

 

風邪には「ジキニン」の製薬会社「全薬工業」が8年という長い時間をかけて開発した商品ですので、最近の流行で出てきた商品とは違います。

 

歯だけ白くても口内環境が悪くて口臭が酷かったらどうでしょうか?
せっかくの白い歯も台無しです。

 

オーラパールは、ホワイトニングと歯周病などの口内環境を日々の歯磨きで同時にケアできてしまう、「通販限定」の優れた歯磨き粉でお勧めです。

 

公式ページはコチラ

 

 

 

 

ドラッグストアでおすすめの歯磨き粉はどれ?

ここまでは通販でしか手に入らない、こだわりのホワイトニング専用歯磨き粉を紹介してきましたが、街のドラッグストアでも手に入るおすすめのホワイトニング用歯磨き粉を紹介します。

 

ドラッグストア

薬局・ドラッグストアでは非常にたくさんの歯磨き粉が売られていますよね。

 

最近のホワイトニングブームもあり、「ホワイトニング用」と書かれた歯磨き粉も数多く売られています。

 

その中から一つ良い歯磨き粉を選ぶのは、なかなか難しいのではないでしょうか。

 

すべての歯磨き粉をすべて1個ずつ試すわけにもいきませんしね。

 

そこで、まずどんな点に注意してホワイトニングに効果のある歯磨き粉を選んだらよいのか、ご紹介します。

ホワイトニング歯磨き粉選びの3つのポイント

@ 研磨剤(清掃剤)、発泡剤の入っているものは避ける

歯の表面は一見なめらかに見えますが、拡大するとデコボコとおうとつがあって、決してツルツルした表面ではありません。

 

そのおうとつの隙間に、食べ物やコーヒー・紅茶・ワインなど飲み物の色素やたばこのヤニが入り込み、黄ばみや汚れの原因になります。

 

先にもお話しましたが、「研磨剤」というのはこうした歯の汚れやステインを薄く削り取ってくれる成分なのですが、同時に歯の表面のエナメル質まで削ってしまいます

 

その結果、象牙質に近くなり、知覚過敏の原因になったりします。

 

また、研磨剤が歯の表面に傷をつけてしまうことで、そこにまた汚れが付着しやすくなるという悪循環を作り出します。

 

以上のような理由で、研磨剤が配合されていない、または研磨剤の量が少ない歯磨き粉を選ぶようにしてください。
(※成分表示で研磨剤は「清掃剤」と記載されている場合があります)

 

あと「発泡剤」ですが、これは泡立ちをよくする成分です。

 

泡立ちを良くして、成分を口の中に拡散させる役割があります。

 

泡立っていると、歯がきれいになっている気がしますが、実は汚れを落とす点では特に役にも立っていないんですね。

 

また発泡剤として市販の歯磨き粉によく使われている「ラウリル硫酸ナトリウム」は皮膚障害やアレルギー、がんなどを起こす可能性があると言われており、合成界面活性剤の一種ですので、できるだけ避けた方が安全です。

 

A ホワイトニングに有効な成分が入っている

歯の汚れ、ヤニやステインを落とすために研磨剤を極力使わない分、汚れを落とすための有効成分が配合されている必要があります。

 

ポリリン酸ナトリウムはその一つですが、独自成分も含め、どんな有効成分が含まれているか、確認してください。

 

B 歯周病、歯槽膿漏などケアができるか</div>

 

せっかくホワイトニングで歯を白くしても、歯周病や虫歯などで口内環境が悪ければ汚れがたまり、また元の汚れた歯に戻ってしまいます。

 

ホワイトニングと同時に歯周病や虫歯、口臭のケアもできる成分が入っている歯磨き粉かどうかもチェックしましょう。

ドラッグストアでも買えるおすすめ市販歯磨き粉はなに?

たくさんの歯磨き粉がありますが、市販の歯磨き粉の中で一番のおすすめは、こちらです!

 

コンクールジェルコートF

研磨剤成分は一切入っておらず、発泡剤も入っていないので泡もあまり出ません。
これを推薦する歯医者さんも多いです。

 

アマゾンでもベストセラー第1位のジェル状歯磨き粉です。

 

【内容量】 90g、約200回〜300回分

 

【効能効果】
医薬部外品
虫歯予防、歯周炎(歯槽膿漏)・歯肉炎の予防、口臭予防、ホワイトニング

 

【特徴】

  • ・フッ素コート:歯をコーティングし、歯の再石灰化の促進、歯を強くする。
  • ・高い殺菌力:塩酸クロルヘキシジンが、ムシ歯菌、歯周病菌などの細菌を殺菌、増殖を抑制。虫歯・歯周病を予防。
  • 研磨剤、発泡剤無配合。
  • ・β-グリチルレチン酸が歯茎の炎症を抑制。
  • ポリリン酸ナトリウムが歯石の原因を除去、歯の表面の汚れを落とす。

 

【使用方法】
今使っている歯磨き粉の代わりにコンクールジェルコートFを使用。
適量歯ブラシに取りブラッシング。その後軽く水ですすぐ。

 

と、とても簡単です。

 

アマゾン

 

ライオン ブリリアントモア歯科用美白歯磨剤

ブリリアントモア


コーヒー、ワイン、タバコなどがお好きな人におすすめの歯磨き粉です。
歯の黄ばみや茶渋など気になる人は一度試してはいかが。

 

【内容量】 90g

 

  • ステインを浮かせて落とす美白歯磨剤。
  • 「ピロリン酸ナトリウム」配合。ケミカルの力で歯の表面からステインを浮き上がらせステインをすっきり除去。

 

2つの香味(さわやかなフレッシュスペアミント、女性に好評のアプリコットミント)から選べる。

 

アマゾン

 

オーラルケア アパガードリナメル

アパガード

【内容量】120g

 

薬用成分…薬用ハイドロキシアパタイト、マクロゴール400(PEG-8)、ゼオライト、ポリビニルピロリドン(PVP)、β-グリチルレチン酸、塩化セチルピリジニウム配合。

 

【効能・効果】

  • ナノ粒子「薬用ハイドロキシアパタイト」が歯垢を取り去り、お口をスッキリ。
  • 歯表面のミクロの傷を埋めてなめらかにし、歯垢・着色汚れをつきにくくする。
  • エナメル質から溶け出したミネラルを補給し再石灰化を促進。この3つの作用でむし歯を防ぐ。
  • タバコのヤニ、コーヒー・ワインの着色を浮かせて落とす「PEG-8」・「PVP」のダブル成分と歯石沈着を防ぐ「ゼオライト」によって、歯本来の白さとツヤを取り戻す。

 

アマゾン