ホワイトニング 歯磨き粉 ランキング

MENU

ホワイトニングに効果のある歯磨き粉ランキング

白い歯の笑顔

このページでは、歯の「ホワイトニングに」効果のある歯磨き粉について詳しく紹介しています。

 

手軽に自宅で歯のホワイトニングをしたい人、ホワイトニングに効果のある歯磨き粉を探している人は参考にしてください。

 

 

 

 

 

ホワイトニングにはどんな歯磨き粉を選んだらいいの?

歯磨き粉

最近、歯のホワイトニングに関心のある人が日本でも増えてきています。

 

欧米では以前から普通であった常識が今日本でも普及し始めている感じですが、それに伴ってホワイトニングを謳う歯磨き粉(剤)も最近増えてきています。

 

歯磨き粉と言っても、薬局ではたくさんの商品が販売されていて、どの歯磨き粉がホワイトニングに効果があるのか、なかなか分かりませんよね。

 

粗悪なものを使ってしまうと逆に大切な歯を傷めてしまうこともありますし、口の中に入れるものですから、安全性の高いものを選びたいものです。

 

また、白さを維持するためにメンテナンスとして基本的には継続して使用していくものですので、できるだけコスパの高いものを使いたいですよね。

 

その前に先ず歯磨き粉として注意したいのは、「研磨剤」の入っているものですね。

 

「研磨剤」というのは、歯の表面を磨いて歯の汚れを落とすものですが、これが汚れだけならいいのですが歯の表面のエナメル質まで削ってしまう事があります。

 

これが知覚過敏の原因になったり、酷いと内側の象牙質が露出してしまうことに。

 

また研磨剤で傷ついた歯の表面に汚れが入り込んで、ホワイトニングどころか歯の黄ばみや汚れの原因になります。

 

研磨剤のすべてが良くないというわけではないのですが、どんな研磨剤が使われているのか、注意が必要です。

 

ドラッグストアで売られているホワイトニングの歯磨き粉は、どちらかというと安さ優先で、ほとんどこの「研磨剤」が含まれていますので、避けた方が無難です。

 

 

次では、そんな効果、安全性、コスパなどの観点から、通販でしか手に入らない「こだわりのお勧めの歯磨き粉」を選んでみましたので、参考にしてくださいね。

 

 

ここでは、歯磨き粉を次のポイントで評価してみました。

 

@経済性:価格、コスパ、
価格は、初回は商品を試しやすくするために特別価格で安く、2回目以降は高くなるものが多いです。
また多くの会社が3回以上購入を条件にした定期コースを採用しているため、定期コース期間中の1か月の平均価格で比較しました。

 

A有効性:効果・効能、
どんな効果があるのか、何に有効なのかを明記しているかを評価

 

B継続性:使い易さ
ホワイトニングはある程度の期間、継続して効果が分かるもの。
使い方が簡単で継続できるかどうかで評価。

 

C安全性:研磨剤、成分は安全か
磨き過ぎで歯の表面を削ってしまわないように、毛研磨剤が入っていないか。
直接口に入れるものなので、発泡剤や漂白剤など有害な成分が入っていないか。

 

D信頼性:医薬部外品、製薬会社、歯科医監修、
国が認可している医薬部外品かどうか、製薬会社など信頼できる会社が開発、製造しているか、
歯科医などホワイトニングの専門家が関係しているか

 

E安心感:返金保証、中途解約
効果がないなど気に入らなかった場合に返金できるか、また中途解約ができるかどうか。

 

 

 

薬用オーラパール

 

オーラパール

@経済性:5

初回1,944円(10%オフ)2本定期コース1,836円(15%オフ) 3か月間の1か月平均コスト 1,872円(税込)
オーラパールイオンケア歯ブラシプレゼント

 

A有効性:5
・日本初!美白成分(薬用ハイドロキシアパタイト)と歯周病予防成分を同時配合。
・9つの有効成分を惜しみなく配合。
・黄ばみ、口臭、虫歯予防、歯石除去、歯茎の引き締めに効果。
・毎朝お口が爽快でスッキリ!

 

B継続性:5
・いつもの歯磨き粉をオーラパールに変えるだけで磨き直しが不要なので、面倒臭くない。
・1回の歯磨きで、ホワイトニングと同時に他のお口のケアもできる!

 

C安全性:5
・研磨剤の一種である無水ケイ酸が使用されていますが、研磨剤としてではなく「基剤」として少量使われているだけなので、
歯の表面を傷つけることはありません。

 

D信頼性:5
・国に効果が確認され認可された「医薬部外品」。
・歯肉炎対策などの薬用歯磨き粉を開発した医薬品会社、「全薬工業」8年の長い年月をかけて開発した製品。

 

E安心感:3
・返金保証はないが、定期購入の縛りがないためいつでも解約でき、ペナルティーもなく安心。

 

【総評】
創業1950年の歴史ある医薬品メーカーである「全薬工業」が8年の年月をかけて開発した、美白成分と歯周病予防成分を同時配合した日本で初めてのトータルオーラルケア歯磨き粉がオーラパール。

 

最近のホワイトニングブームに乗って発売されている商品とは信頼性が違いますね。

 

市販の歯磨き粉と比べれば値段は高いですが、それでもホワイトニング専門歯磨き粉として通販で販売されている商品の中では最安値で、コストパフォーマンスも非常に高いです。

 

ホワイトニングは、口内をいつも清潔に保っていることがいつまでも白い歯でいるために重要ですが、オーラパールはいつもの歯磨き粉を変えるだけで別途にブラッシングしたりする必要はありません。

 

できるだけ費用をかけないで、効率的にホワイトニングとメンテナンスをしたい人にお勧めです。

 

公式ページはコチラ

 

はははのは

 

はははのは

@経済性:4

定価3,500円、初回1,980円、定期コース2回目以降2,980円、3か月間の1か月平均コスト2,646円

 

A有効性:4
・効果として明示されているのは、ホワイトニングと口臭予防。医薬部外品としての有効成分を使用していないため、歯周病等への効果は謳えない。

 

・美容歯科のホワイトニング施術を研究し、ホワイトニングに効果的な3つの酸-メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DL-リンゴ酸、歯周病菌に浸透殺菌するIPMP、メラニン抑制・美白・収れんに効果的な天然由来エキスの配合に成功

 

B継続性:5
・いつもの歯磨き粉を変えるだけでOK。磨き直し等は不要のため面倒がなく、継続しやすい。

 

C安全性:5
研磨剤、発泡剤、漂白剤、着色料、合成界面活性剤、バラベン不使用の無添加歯磨き。

 

・天然の界面活性剤、ソープナッツや完全無農薬の体に優しい植物成分のみを使用

 

D信頼性:4
製薬会社、「株式会社メディカルドーズ」との共同開発
・医薬部外品ではなく化粧品に分類されるが、信頼性は高い。

 

E安心感:5
10日間の返金保証が付いており、定期コースでもいつでも解約停止ができるなど、初めての注文で不安な人でも安心して試すことができます。

 

【総評】
製薬会社株式会社メディカルドーズとの共同開発で、天然の有効成分にこだわって開発されたホワイトニング歯磨き粉、「はははのは」。
市販品では、こうしたコンセプトの天然歯磨き粉はありません。

 

品質には自信があるため、初めての人でも「返金保証」、「定期コースでも1回目からキャンセル可能」など回数の縛りがないため、安心して試すことができて良心的です。

 

公式ページはコチラ

 

 

ディノベート デンタルホワイトプロ

 

ディノベート

@経済性:3

・定価6,048円、初回1,771円、定期コース2回目以降4,298円、3か月間の1か月平均コスト3,666円
・5回目発送毎にディノベートデンタルペリオケア、厳選デンタル商品プレゼント
・5回ごとに割引率アップ 3%⇒5%

 

A有効性:5
・医薬部外品
ホワイトニング、歯周病予防、口臭予防、虫歯予防
・@トリプルホワイトニング&白さをキープ、A口臭・歯周病を予防、B虫歯の原因GTFをシャットアウト

 

B継続性:3
・今までの歯磨きの後に、ディノベートを付けてブラッシング。
・2度手間になるので、面倒。

 

C安全性:4
・研磨剤不使用

 

D信頼性:5
歯科医師監修
医科歯科連携診療普及協会推薦

 

E安心感:3
・返金保証なし、定期コースの回数縛り有り(最低4回)
・歯科医師監修で、医科歯科連携診療普及協会推薦というのは安心材料。

 

【総評】
・効果・効能、成分等については、他の医薬部外品歯磨き粉と大きな違いはない。
・実名で歯科医師(小野澤彰)監修と写真も掲載してるので、効果には自信があると思われる。
・医科歯科連携診療普及協会の推薦があるのは信頼度として大きい。

 

公式ページはコチラ

 

ビースマイル

 

besmile>@経済性:3

定価5,184円、初回2,592円、定期コース2回目以降4,147円、3か月間の1か月平均コスト3,628円

 

A有効性:5
・医薬部外品
・ポリアスパラギン酸(タンパク質と反応して凝固する作用)
・新成分GTOが口内リスクを予防
・アラントイン(歯周病予防)、シメン5オール(口臭予防)
・ホワイトニング、虫歯予防、歯周炎・歯周病予防、口臭防止

 

B継続性:3
・いつもの歯磨き粉を変えるだけでOK。磨き直し等は不要のため面倒がなく、継続しやすい。

 

C安全性:5
・漂白剤、研磨剤、発泡剤、鉱物湯、石油系界面活性剤、バラベン、オイル不使用。
・GMP基準認定工場での品質管理

 

D信頼性:4
・モンドセレクション2017で銀賞受賞。ASIA GOLDEN STAR AWARD 2017受賞

 

E安心感:3
・返金保証なし、定期縛りありで、初めての人が試すにはハードルが少々高い。

 

【総評】

 

オーラパールと同様に、ホワイトニングから虫歯予防、歯周炎・歯周病予防、口臭予防と口内トラブルをトータルにケアできる歯磨き粉です。
また合成成分を使わず、植物エキスを多数使用するなど、内容成分にもこだわっています。

 

あの有名なモンドセレクション2017でも銀賞を受賞するなど、製品への信頼性も高いと思われます。

 

※モンドセレクションとは?

 

毎年 70名の専門家たちが 世界各地から寄せられた製品に対し、他からの干渉を受けることのない完全に独立した形で試験やテイスティングを行います。

 

化粧品 &トイレタリー製品の試験にあたっては、科学者ならびに化学者、大学教授などの専門家の助力を得ています。最終的にこれらの専門家たちにより、優秀品質銅賞、銀賞、金賞および最高金賞が授与されます。

 

公式ページはコチラ

 

番外:パールホワイトPROEX プラス

 

パールホワイトプロEX

@経済性:2

・定価8,400円、初回3,2401円、定期コース2回目以降6,480円、3か月間の1か月平均コスト5,400円

 

A有効性:5
・医薬部外品
・ホワイトニング、歯周病予防、口臭予防、虫歯予防
・美容歯科のホワイトニング施術を研究:ホワイトニングに効果的な3つの酸-メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DL-リンゴ酸、歯周病菌に浸透殺菌するIPMP、メラニン抑制・美白・収れんに効果的な天然由来エキスの配合に成功
・たった数日間の使用で美容歯科のホワイトニングと同等の効果があるとHPに明示。即効性が期待できる。

 

B継続性:3
・今までの歯磨きの後に、ブラッシング。
・2度手間になるので、面倒。

 

C安全性:4
・研磨剤、発泡剤不使用

 

D信頼性:5
・1932年創業の製薬会社「株式会社三宝製薬」との共同開発。(医薬品、医薬部外品、歯科医向け歯磨き製品の製造販売)
・医薬部外品で効果については国の認可を取っている。

 

E安心感:3
・都度購入で返金保証有。

 

【総評】
美容歯科のホワイトニングを研究し、メタリン酸、ポリリン酸、DL-リンゴ酸のホワイトニングに効果のある3つの酸を使い、歯周病に有効な成分や天然由来エキスを配合し、トータルに口内の健康にも配慮している。
歯科向けの製品に実績のある三宝製薬との共同開発も信頼性が高い。
一番の特徴は、たった数日間で美容歯科と同等のホワイトニング効果があるところ。
価格はかなり高いが、もし数日間で美容歯科と同等の効果があるなら、逆に激安になる。

 

公式ページはコチラ

ホワイトニング歯磨き粉の選び方のポイント

次に良いホワイトニング歯磨き粉を選ぶ時に、チェックすべきポイントについてご紹介します。

 

1.研磨剤(清掃剤)が含まれていない

 

まず最初にチェックすべきは、「研磨剤」が含まれていないかどうかです。

 

「研磨剤」とは、歯の表面を磨いて汚れを落とすための成分ですが、これが汚れを落とすだけなら良いのですが、歯の表面のエナメル質まで削り取ってしまうんです。

 

また削ると同時に歯の表面に傷をつけてしまい、そこにまた汚れが付着して黄ばみやくすみの原因にもなるという悪循環を引き起こします。

 

研磨剤として使用されるのは下記の成分が多いので、この成分が入っている歯磨き粉は避けることをお勧めします。

 

・リン酸水素カルシウム
・リン酸水素ナトリウム
・炭酸カルシウム
・水酸化アルミニウム
・無水ケイ酸

 

商品の裏側に成分表示がありますが、そこに研磨剤として上記の成分のいずれかが記載されているものは避けた方が良いですね。

 

また最近では研磨剤という言葉のイメージが良くないからか、「清掃剤」という表示になっている場合も多いので、注意してみてください。

 

ただ、医薬部外品で剤型が「練」(ペースト形状)のものは法律で研磨剤を配合しないといけないため、清掃剤(研磨剤)の欄に研磨成分が書いていなければ、その歯磨き粉は研磨力はないもしくは低いと考えても大丈夫です。

 

 

2.ホワイトニングに有効な成分が入っている

 

歯磨き粉によるホワイトニングは歯の汚れを落として、できるだけ本来の綺麗な歯の白さを取り戻すことを目的にしているわけですが、そのための有効な成分が製品にしっかり含まれているかどうかをチェックしてください。

 

代表的なホワイトニングに有効な成分を下記の通りまとめてみました。

 

【ポリリン酸ナトリウム】
ポリリン酸の一種。食品にも含まれる安全性の高い成分。歯石予防の薬用歯磨きの原料。ステインの除去、沈着防止効果。歯周病菌、虫歯菌に対する抗菌剤の作用を増強→口内環境を整える物質。歯の表面をコーティング、ステインの再付着を防止。

 

【分割ポリリン酸】
一定の長さを持つ分割ポリリン酸のみがステイン除去に効果がある、歯周病予防にも効果、歯周病で破壊された組織修復にも効果。歯を白くするだけでなく、口腔内の健康を考えて開発。

 

【イソプロピルメチルフェノール】
クリーニング−歯周病菌のストップ、歯垢の抑制→虫歯・歯肉炎を予防、口臭に効果的

 

【ハイドロキシアパタイト】
歯のエナメル質の97%はハイドロキシアパタイトという成分で構成されており、このハイドロキシアパタイトを汚れや着色成分を除去した歯に与えることでミクロサイズの傷を修復し、白く輝かせることができます。歯の再石灰化も助けます。

 

【PAA(ポリアスパラギン酸)】
黄ばみの原因=タンパク汚れに反応。黄ばみの原因に働きかけ、除去・再付着を防ぐ「ホワイトニング効果」が国の基準を満たしており、医薬部外品に認定。

 

上記以外にも汚れを落とすための独自成分が入った製品がありますので、しっかりとチェックしてみてください。

 

【ピロリン酸ナトリウム】
歯石の沈着を防ぎ、黄ばみを防止する働きがあります。

 

【マクロゴール400】
タバコのヤニなど黄ばみを除去します。

 

 

3.口内環境を整える有効成分が入っている

 

歯を白く美しくするためには、ただ単に歯を白くするだけでなく、虫歯や歯周病、口臭の予防など口内環境を整えるのに有効な成分が入っていることも重要です。

 

口内環境を整えないと、せっかく白くなった歯もまたすぐに黄ばんでしまうことになります。

 

口内環境を整えるのに有効な成分を次に紹介します。

 

【ビタミンE酢酸エタノール(酢酸SL-αトコフェノール)】
血流−歯茎の血流を促進

 

【グリチルリチン酸ジカリウム】
炎症−歯、歯茎の炎症を抑える

 

【ウーロン茶エキス】 虫歯の原因・酵素を強力に阻害。

 

【アラントイン】 口のトラブルリスクをダウン、

 

【イソプロピルメチルフェノール】 においの原因をブロック

 

【塩化分リゾチーム】 歯ぐきの腫れ、赤みを抑える。

 

【ハイドロキシアパタイト】 歯を白く 虫歯を予防。歯の傷を補修し白く輝かせる。

 

【塩化ナトリウム】 歯茎を引き締める。

 

【マクロゴール400】 タバコのヤニなど黄ばみを除去。

 

【グルチルリチン酸】 歯肉炎を予防。

 

【ゼオライト】 歯石予防、虫歯予防。

一番お勧めなホワイトニングに効果のある歯磨き粉はどれ?

ここまで5つのホワイトニング歯磨き粉と、その選ぶときのチェックポイントについてご紹介してきましたが、あなたはどの歯磨き粉が自分に合ってると思いましたか。

 

オーラパール

私が一番お勧めなのは、やっぱり1位の「オーラパール」です。

 

他のホワイトニング歯磨き粉よりも安価でかつ定期の縛りもなく、送料無料と初めての人でも気軽にホワイトニングが始められます。

 

風邪には「ジキニン」の製薬会社「全薬工業」が8年という長い時間をかけて開発した商品ですので、最近の流行で出てきた商品とは違います。

 

歯だけ白くても口内環境が悪くて口臭が酷かったらどうでしょうか?
せっかくの白い歯も台無しです。

 

オーラパールは、ホワイトニングと歯周病などの口内環境を日々の歯磨きで同時にケアできてしまう、「通販限定」の優れた歯磨き粉でお勧めです。

 

公式ページはコチラ